ウサギの消化管膿瘍(肝膿瘍・胃膿瘍)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの消化管膿瘍(肝膿瘍・胃膿瘍)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの消化管膿瘍はゆっくりと形成され、初期には症状を示すことは少ない。
しかし、腹腔内(お腹の中)で膿瘍が大きくなると消化管閉塞や穿孔を起こす。
原因は不明なことが多く、生前診断は難しいことも多い。
なんらかの治療で開腹手術を行った際に偶然発見されることもある。

この症例は他院に入院していても状態が悪化してきており、閉塞している恐れがあるからと飼い主さんから手術を依頼されたのだが、手術に耐えられるかわからないくらい状態が悪かった。手術中になくなってしまう可能性があること、しかし、確かに閉塞している可能性も高く、このまま手術しないで様子をみていてもなくなってしまう可能性が高いこと、などを飼い主さんと相談の上、開腹手術となった。
緊急手術となったが、残念ながら手術中に亡くなってしまったので、飼い主さんの希望があり、飼い主さんの立会いのもと死後解剖を行った。

消化管膿瘍ケース1切開.JPG 写真は正中切開して腹腔内を観察しているところ。
明らかに歪な腫瘤が露出している。腹水も溜まっている。
後にこの腫瘤は胃に付着している膿瘍だとわかった。

 

消化管膿瘍ケース1観察1.JPG 消化管膿瘍ケース1観察2.JPG 写真は胃に付着している腫瘤(膿瘍)と白い結節が多発している肝臓
後にこの白い結節は膿瘍だとわかった。

消化管膿瘍ケース1胃潰瘍.JPG 写真は胃の潰瘍病変。他院で入院中ステロイドによる継続治療が行われていたので、その副作用もあるかもしれない。腫瘍を疑ってステロイド投与とのこと。今回の状況ではステロイド投与も選択肢に入れても良いと思うが、通常ウサギではステロイド投与は副作用も大きく、安易にステロイド投与するべきではない。

消化管膿瘍ケース1摘出.JPG 写真は病変と思われる部位を摘出したところ。
病理検査に提出した。

病理検査結果は
・肝臓、胆嚢の膿瘍および化膿性腹膜炎
・化膿性胃炎および膿瘍形成、胃潰瘍および糜爛(びらん)
胃穿孔から化膿性病変および膿瘍形成が行われた可能性があるとのこと。

過去にステロイド投与がされていたのであれば、そのときに胃穿孔が起きた可能性がある。
特に急性胃拡張のときにはステロイドを投与していなくても胃潰瘍が発生していることも多く、急性胃拡張のときにステロイドを投与すれば胃穿孔を起こす可能性が高い。
胃穿孔も大きな穴であれば症状は出るが、小さな穴であればすぐにふさがるので症状はすぐにはでない可能性がある。
やはりウサギにステロイドを投与するときは、慎重にメリットとデメリットを考えなければならない。

今回は特殊なケースでしたが、ウサギの食欲不振にはまれに閉塞によることがあります。
閉塞が疑わしければ主治医に開腹手術も相談してみてもいいかもしれません。

キキ動物病院
http://www.kiki-petclinic.com/
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギのエンセファリトゾーン症・犬猫パルボウイルス感染症に共通すること【大阪府堺市の動物病院】

ウサギのエンセファリトゾーン症・犬猫パルボウイルス感染症に共通すること【大阪府堺市の動物病院】

エンセファリトゾーン症を発症するウサギはなんらかの基礎疾患もしくは免疫力低下の状態に陥っていることが多い気がする。 誰か統計とってー。 パルボウイルス感染しただけでは発症しないことが多く、発症する個体はなんらかの腸内感染を起こしていることが多いのと似てる。 パルボウイルス感染症の治療のポイントの一つはパルボを診断してパルボの治療で終始するのではなく、その背景にある感染症を見逃さない、そして同時に治療すること。 重度のウサギのエンセファリトゾーン症の治療も同じような観点で背景にある基礎疾患を見つけて同時に治療しないと死亡率はかなり高いのではないかと推測している。

キキ動物病院

http://www.kiki-petclinic.com/

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

ウサギの血尿【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの血尿【大阪府堺市の動物病院】

ウサギが血尿をする状態には膀胱炎、尿石症、生理的赤色尿(正常な尿)、子宮疾患などがあります。
このうち、今回は子宮疾患による血尿に焦点を絞ってお話します。

ウサギは一見健康な状態に見える個体がいきなり血尿をすることがあります。
その場合、多くはしばらくすれば正常尿(血尿でない尿)をするようになるので、病院に連れて行かずに家で様子をみる人もいるのですが、要注意です。
確かに、ウサギは一見血尿と思えても正常尿であることもあり、判断に迷うこともあると思います。
しかし、正常尿と思っていたけど実は血尿であったというケースも多いです。
なぜ血尿をみたときに様子をみることに注意が必要かというと、もし血尿であった場合、様子をみている間に一気に貧血が進行し、治療が難しい状態に陥る可能性があるからです。

子宮疾患による血尿.JPG

写真は血尿を主訴に来院したウサギのペットシーツに付着した血尿

子宮疾患による血尿 (2).JPG

写真は血尿を主訴に来院したウサギが乗った体重計に付着した血尿

子宮疾患による血尿 (3).JPG

写真は血尿が付着した陰部

この症例は中程度の貧血、肝リピドーシスに陥っていましたが、緊急手術によってすっかり回復しました。

血尿症例の子宮 (2).JPG

写真はこの症例で摘出した子宮。子宮が血液で充満・拡張している。

このようにウサギは子宮疾患を患う確率がかなり高く、予防的な避妊手術のメリットはかなり高いと思われます。
若齢で予防的に避妊手術を行う場合、なるべく盲腸などの諸臓器に触れないように行わなければならず、やや難易度が高く、犬・猫の避妊手術に比べ慎重に行わなければならないことにも注意すべきでしょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギのエンセファリトゾーン症(捻転斜頸、眼振、頭部を左右にふる、ふらつき、尿失禁など)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギのエンセファリトゾーン症(捻転斜頸、眼振、頭部を左右にふる、ふらつき、尿失禁など)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギはエンセファリトゾーンという病原体に寄生されて症状を示すことがあります。
ウサギはエンセファリトゾーンに感染していても症状を全く出していないことが多く(不顕性感染)、多頭飼育ではさらにその傾向が強まります。

エンセファリトゾーン感染によって症状が発現するときは突然であることが多く、捻転斜頚や眼振といった症状を示すことが多いです。
その他の症状としてはローリング、頭部の振戦、ふらつき、運動失調、旋回、てんかん、尿失禁、意識レベルの低下などがあります。

捻転斜頚.JPG

写真はエンセファリトゾーン症によって捻転斜頚を起こしている様子。
この症例では他に頭部の振戦、眼振、ふらつき、旋回が見られました。
緊急治療によって次の日には症状が落ち着きました。

 

 

エンセファリトゾーン症は突発的に発症し、治療が遅れると死亡率も高い疾患です。
少し捻転斜頚しているだけで、他に全く異常はみられない状態であっても次の日に亡くなってしまうこともあります。
ウサギの首が傾いていたり、異常な行動が見られたら早めに動物病院に連れていってあげましょう。

 
キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギ梅毒・ウサギトレポネーマ症・生殖器スピロヘータ(鼻・陰部の皮膚症状、くしゃみなど)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギ梅毒・ウサギトレポネーマ症・生殖器スピロヘータ(鼻・陰部の皮膚症状、くしゃみなど)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギはある種のスピロヘータに感染して症状を呈することがあります。
ウサギ梅毒と言われますが、人獣共通感染症ではなく、ヒトに感染することはありません。
ウサギトレポネーマ症、生殖器スピロヘータ、とも呼ばれます。

鼻や陰部に特徴的な病変を形成することが多く、飼い主さんが気づいて来院されることが多いです。

ウサギ梅毒.JPG ウサギ梅毒 (2).JPG

写真はウサギ梅毒症例の鼻鏡の皮疹

 

 

ウサギ梅毒 (3).JPG

写真はウサギ梅毒症例の陰部の皮疹

疑わしい皮疹を発見したら早めに動物病院で相談した方がいいでしょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギのエンセファリトゾーン感染による水晶体破壊性ぶどう膜炎【大阪府堺市の動物病院】

ウサギのエンセファリトゾーン感染による水晶体破壊性ぶどう膜炎【大阪府堺市の動物病院】

ウサギはエンセファリトゾーンという寄生虫に感染することがあります。
ウサギのエンセファリトゾーン感染で一般的に有名なのは斜頸と思います。
実際斜頚はよく見られるのですが、眼にも症状を表すことがあります。

エンセファリトゾーンによる水晶体破壊性ぶどう膜炎 (2).JPG

写真はエンセファリトゾーン感染による水晶体破壊性ぶどう膜炎の外貌。
局所的にぶどう膜炎がつよく見られる。

この症例は若齢(2ヶ月齢)からエンセファリトゾーン感染による斜頸を繰り返し、そのたびに治療で斜頸は治っていたのですが、8ヶ月齢程で虹彩膿瘍が出現。
徐々に進行して水晶体破壊性ぶどう膜炎まで進行しました。

ウサギの虹彩膿瘍はウサギの眼内疾患で最もよく見られます。
ウサギの虹彩膿瘍も初期治療で進行を抑制し、視覚や眼球を温存できることが多いのですが、無治療で経過すると治療に反応しにくいぶどう膜炎や緑内障に進行するので、眼球の温存は難しくなります。
ウサギの目を普段からよく観察しておかしなところがあれば早めに動物病院で相談しましょう。

キキ動物病院
大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

動物(ウサギ、犬など)の熱中症(下痢、ふらつく、ぐったりなど)【大阪府堺市の動物病院】

動物(ウサギ、犬など)の熱中症(下痢、ふらつく、ぐったりなど)【大阪府堺市の動物病院】

今年も猛暑がやってきそうですが、熱中症について、人の分類に沿って整理しましょう。

人の場合、熱中症は症状の程度によって3段階に分類されています。

Ⅰ度(軽症):足のふくらはぎが痙攣する(こむら返り)、立ちくらみ

Ⅱ度(中等症):強い疲労感、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、体温の軽度上昇

Ⅲ度(重症):38度以上の高熱、突然意識を失う(意識喪失)、意味のわからないことを話し始める(せんもう状態)、急なふらつき(小脳症状)、けいれん

Ⅲ度の熱中症では脳機能障害だけでなく内臓系(肝臓・腎臓など)の臓器障害や血液凝固系の障害が起きていることが多く、死亡率も高いとされています。

このため、Ⅲ度に進行する前に(Ⅰ度やⅡ度の間に)早期発見・早期治療が重要になります。

この分類を動物に当てはめてみると、わかりやすい症状としては

Ⅰ度:いつもは動き回るがじっとしている。お座りしたり動いている時にふらつくことがある。

Ⅱ度:横になっている時間が長い。下痢、吐き気。

Ⅲ度:40度以上の高熱、突然意識を失う(意識喪失)、意味なくほえる(せんもう状態)、急なふらつき(小脳症状)、けいれん

Ⅲ度の熱中症では脳機能障害だけでなく内臓系(肝臓・腎臓など)の臓器障害や血液凝固系の障害が起きていることが多く、死亡率も高いのは動物でも同様。

ここで注意が必要なのはⅠ度、Ⅱ度では熱を測るだけでは熱中症かどうかわからないということです。

クーラーの付いていない部屋でウサギや犬が暑くてぐったりしている、下痢をしているというのであれば、それはⅡ度の熱中症をおこしている可能性が高いということです。

夏にペットが暑いからぐったりしているのだろうと当たり前に考えずに、Ⅲ度に進行して手遅れになる前に動物病院で相談しましょう。

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

ウサギの臼歯(奥歯)の不正咬合(ふせいこうごう)(よだれ、食欲不振、下痢、便がでない、など)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの臼歯(奥歯)の不正咬合(ふせいこうごう)(よだれ、食欲不振、下痢、便がでない、など)【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの歯は人と違って一生伸び続けます。

通常であれば食事の時に上下の歯が噛み合わさることによってウサギの歯が伸びすぎることはありません。

しかし、上下の歯のかみ合わせが悪くなると(このことを不正咬合といいます)異常な方向に歯が伸びすぎてしまい、さまざまな症状がでてきます。

 

ウサギの不正咬合はさまざまな原因でおこります。

原因として遺伝性・先天性(生まれつき)の原因と不適切な食事を食べ続けることによる後天性(生まれた後の問題)の原因に大きく分かれます。

先天性の問題の一つとして下顎過長症(下顎前突症)があります。これは下顎が長いというよりも上顎が短い状態で、上下の切歯(前歯)がかみ合わなくなります。ロップイヤー種やドワーフ種の短頭種におこりやすいです。

後天性の問題としては不適切な食事を食べ続けることによって歯が伸びることを抑えることができず、伸び続けてしまうことがあります。葉野菜やペレット、あるいはトリーツなどをよく食べるウサギに不正咬合はおきやすいです。

他には事故や加齢で歯並びが変化してしまい、上下の歯のかみ合わせが悪くなることでも不正咬合は起こります。また、ケージの網をガジガジとかじる癖のあるウサギは歯並びが悪くなります。ニッパーで伸びすぎた歯を折ることによってもかみ合わせは悪くなります。

 

不正咬合はさまざまな症状を引き起こします。

歯並びが悪くなることによって臼歯(奥歯)がとがってきます。このとがった歯が口の中を傷つけます。

臼歯不正咬合 (3).JPG 臼歯不正咬合.JPG 右下顎不正咬合.JPG 不正咬合.JPG 不正咬合1.JPG

写真は尖った臼歯が舌に向かって伸びている様子
ウサギは痛みで食欲が落ち、よだれが口からあふれるようになります。このよだれによって皮膚炎をおこします。
目からは涙や膿がでたり、頭部に膿の塊ができてさらに痛みを覚えるようになります。一度膿の塊ができると膿を出すために定期的に動物病院に通わなくてはならなくなることも多いです。

また、歯の痛みやストレスによって攻撃性が出たり逆に無気力になることもあります。

右下顎膿瘍(右口内粘膜腫脹)1.JPG

写真は臼歯の不正咬合を無治療で放置した結果、下顎に膿瘍を形成している様子。よだれで顎が濡れている。一度膿瘍を形成すると一生継続治療が必要になることが多い。

 

ウサギの不正咬合が疑わしいと思ったなら早めに動物病院で診てもらってください。

特に臼歯(奥歯)の不正咬合は家ではわからないことも多いので、症状が軽いうちに動物病院で診てもらいましょう。

 

 

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3
072-276-3555

ウサギの切歯(前歯)の不正咬合と皮膚症状・被毛の汚れ【大阪府堺市の動物病院】

ウサギの切歯(前歯)の不正咬合と皮膚症状・被毛の汚れ【大阪府堺市の動物病院】

ウサギは上下の歯が正常に噛み合わさり(咬合)、歯どうしが摩耗することによって正常な長さ・形態が保たれます。 ウサギの歯は常に伸び続けるので、上下の歯のかみ合わせが悪くなると(不正咬合)正常な歯の長さ・形態が保てなくなり、さまざまな症状を引き起こします。

切歯不正咬合 (2).JPG 切歯不正咬合.JPG 切歯不正咬合2.JPG

写真は切歯の不正咬合の様子。

 

切歯が不正咬合となってしまっても食欲は維持されることが多いのですが、グルーミングが正常にできなくなるので被毛の状態が悪くなることが多いです。

切歯不正咬合グルーミング不全.JPG 切歯不正咬合による湿性皮膚炎.JPG

写真は不正咬合によって被毛の状態が悪くなっている様子。

 

臼歯(奥歯)と違い、切歯(前歯)は動物病院でなくても(自宅でも)確認しやすいので、気づけば早めに動物病院で相談しましょう。

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555

 

犬(フレンチブルドッグ)のチェリーアイ(目が飛び出てる、目が腫れてる、目にできものができてる)【大阪府堺市の動物病院】

犬(フレンチブルドック)のチェリーアイ(目が飛び出てる、目が腫れてる、目にできものができてる)【大阪府堺市の動物病院】

犬やウサギはときどき瞬膜(第3眼瞼)といわれる構造物が目の内側から飛び出してしまうことがあります。 この状態を俗称チェリーアイと言います。 この飛び出た構造物をそのままにしていると瞬膜内部の軟骨が変形してきたり、涙の分泌量が減少してドライアイが進行したりします。その結果、目に感染をおこして目ヤニで目が常に汚れたりします。

このことから、チェリーアイを発見すれば早期に治療が必要になるのですが、基本的には外科治療となります。 チェリーアイの外科治療には大きく分けて2種類あり、 ① 瞬膜腺を切除してしまう方法 ② 瞬膜腺を温存し、正常な位置に整復する方法 のどちらかを選択することになります。 (瞬膜腺というのは瞬膜の内部にある涙を分泌する腺構造)

① については技術は必要とされず、手術にかかる費用は比較的安く抑えられる反面、術後にかなり高い確率でドライアイが進行します(手術によってドライアイになりやすくなる)。 ② については①よりも技術は必要とされるものの、ドライアイの術後合併症は生じにくいとされます。ただし、手術にかかる費用は①よりは高くなります。

チェリーアイ術前.JPG

写真はチェリーアイのフレンチブルドック。右目の瞬膜腺が内眼角から脱出している様子がわかる。

チェリーアイ術後.JPG

写真はチェリーアイの手術後。瞬膜腺を温存し、整復した(ポケット法)。

 

チェリーアイは発見すれば早めに動物病院で相談しましょう。

 

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555