カメ(ケヅメリクガメ・ホシガメ・ギリシャリクガメ・ロシアリクガメなど)の脱水と尿路結石【大阪府堺市の動物病院】

カメ(ケヅメリクガメ・ホシガメ・ギリシャリクガメ・ロシアリクガメなど)の脱水と尿路結石【大阪府堺市の動物病院】

カメは尿路結石を体内に形成してしまうことがありますが、その原因としては考えられるのは大きくは以下の3つです。 ① 脱水 ② 高蛋白食 ③ 尿路感染(総排泄腔感染)

動物病院で尿路結石を診断されるリクガメのうち、多い原因が水分の不足です。 リクガメは湿度がそれほど必要ないと勘違いされて水入れを常備していないなどの飼育環境の不備も多いです。 ある種のリクガメは湿度が低くなると鼻水が慢性的に流れだし、結果として脱水がさらに進むことがあります。

結石.JPG

この症例は食欲不振で水分摂取量が減少しており、体内で結石が形成された。 写真は形成された結石が排泄された様子。 実際には結石が一度体内に形成されると手術で摘出しなくてはならない場合も多いです。

食欲が落ちると水分摂取量が減少し、慢性的に水分が不足すると結石が体内にできてしまうことも多いので、状態がよくないカメは早めに動物病院で診察してもらう方がいいでしょう。

キキ動物病院

大阪府堺市中区深井北町117-3

072-276-3555