大阪 ウサギ 救急動物病院 呼吸困難

大阪のウサギ 救急診療の事例です。

ウサギの呼吸困難、息使いが荒い、などの症状を発見した場合にはすぐにお電話ください。072-276-3555

こちらのウサギの例は、セカンドオピニオンとして来院されたのがきっかけでした。

最初の診断で、呼吸形式が異常であることが判明しました。どういうことかというと、鼻ではなく、口で呼吸することが見つかったのです。

その後精密検査を進め、レントゲン写真から胸部に大きな腫瘤があることが判明しました。

01

しかしウサギの場合は、開胸後の死亡率が高いため、まずは内科診療で様子をみることになりました。

大阪の救急動物病院「キキ動物病院」
072-276-3555